無免許寄席Blog

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 第2回無免許寄席 主任インタビュー(3) | main | 現代落語論 >>

第2回無免許寄席 主任インタビュー(4)

こんばんは。井澤企画の井澤です。 
連続インタビューは今回で最終回です。いよいよ無免許寄席の第2回の内容について聞いてみました。

<の次助インタビュー 続き>

井澤:では第
2回の寄席について改めてお聞きしたいのですが。
の次助:ああ,聞いてしまいますか。
井:ええ。お願いします。
 
の:今回はですね。すごいゲストが来ますよ。
井:誰ですか?
の:東洋一のサウンドマシーン「クレイジーケンバンド」です!
井:えーっ!!
の:来たらいいなあと。
井:なんだ。

の:いろいろ出て欲しいジャンルの人がいるんですが,いかんせん人ヅテがなくて困っておるんですよ。
井:の次助さんの人徳のなさが出てきたわけですね。
の:そうです!困っているのです。
井:どんなジャンルの人に出てもらいたいんですか?
の:たとえばですね。恐山のイタコに来てもらいたいです。
井:ほう!いいですね。
の:紙きりのようにお客さんからお題をもらって,霊を呼び寄せるんです。
井:面白いですね。
の:いいでしょう!でもイタコの友達がいないんですよ。
井:あー。あんまりイタコの友達いる人って聞かないですね。
の:ね,そうでしょう。イタコっぽい人でもいいんですけどね。
井:ほかには?
の:手品とか,ジャグリングとか,いろいろ考えてはいるんですが。。。
井:人徳がないと。
の:そうです。
井:昔の特技を埋もれさせている人は多そうですがね。
の:そうでしょう!普通に働いている人でもそういうことやりたいと内心思っている人がたくさんいるはずなんですよ。
井:いそうですよね。
の:酔っ払うとあらびきパフォーマーみたいなわけわかんないこと言っているくせに,しらふの時は「音楽とかやっている人ってうらやましい」とか言うんですよ。酔っ払ったまま高座にあがって欲しいってんですよ!
井:酔っ払いを高座に上げるのも斬新ですね。
の:ルール無用ですよ。
井:ということは,まだ演者がそろっていない段階だと。
の:そう!足で探していくのです。あとおいらも落語覚えなくっちゃ!
井:そうですか。最後に一言お願いします。
の:次回もお忙しいところご足労下さったかたがたに,損はさせない寄席を作って行きたいです。どうかひとつ,第2回無免許寄席をよろしくお願いします。
井:今日はありがとうございました。
の:いえいえ。失礼いたしました。

奇しくも本日はの次助さんのお誕生日でした。なにも差し上げませんが,おめでとうございます。
井澤企画は無免許寄席を応援しています。

井澤企画 http://izawakikaku.jugem.jp/
の次助の手記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mumenkyoyose.jugem.jp/trackback/49
この記事に対するトラックバック